自費出版本を売りたい人のための情報サイト

>

リーズナブルな出版方法

注文を受けてから発送する

書店に並べてもらう場合、返品のリスクがあります。
このリスクを回避するために、ほかの販売方法が存在します。

その方法とは、出版社が注文を受けてから書店に送る方法です。
書店や取次から注文を受けてから、それらに本を送るので、返品がありません。
つまり、注文を受けたらそれが売上に直接結びつくということです。

一方、注文を受けなければ当然売れないので、直接店頭に並べる方法よりも利益が確約されているということはありません。
さらにいえば、委託販売ならばまだ本棚に並ぶチャンスがありますが、注文を受けてから送るシステムだと、注文がない限りは誰の目にも触れないことになります。

人の目に触れる機会が少ない代わり、やや安く済むのがこの販売方式の特徴といえるでしょう。

自信があるなら共同出版

安く済ませたい場合、書店からの注文後に発送する以外も、方法があります。
それは共同出版と呼ばれる方法です。

この方式では、出版の費用を出版社と著者で分担するため、負担が小さくて済みます。
また、売り上げが見込める場合、第二刷からは全額出版社が負担してくれます。

ただし、この方法は、原稿が出版社の審査を通る必要があります。
つまり、出版社が「この本はもしかしたら売れるかもしれない」と思わないと、共同出版を行うことはできません。

また、アマチュア作家を「売れますから」などと甘い言葉でだまして高額な料金を払わせる悪徳出版社もまれにありますので、注意が必要です。

良く契約内容を確認して、信頼できる出版社に自信作を提示してみてください。うまくすれば共同出版が実現するかもしれませんよ。


この記事をシェアする