自費出版本を売りたい人のための情報サイト

>

自費出版本を販売しましょう!

本の流通システムはどうなっているの?

せっかく自費出版するなら、本屋さんに並べてもらいたいものですよね。
どのようにして、自費出版の書籍が街の書店にならべられるのか、その流れをまずは見てみましょう。

まず、自費出版に限らず、書店の本棚に並ぶほとんどの書籍は、出版社から取次にわたり、取次から書店にわたされます。
取次とは、いわば本の問屋・卸売業者です。書店は基本的になんらかの取次と契約をしており、そこから書籍を仕入れます。

出版社は、取次を通して書店に本の販売を委託します。
あくまで「委託」ですから、書店は「この本は売れない」と判断したときは出版社に返品することができます。
このシステムを「委託販売」といいます。

このほかにも、ISBN取得など煩雑な手続きが存在します。

仕組みが複雑であることを踏まえると、書店に本を置いてもらうには、まず出版社に自費出版を申し込み、その出版社が諸々を代行して書店に販売を委託する方法が最もスタンダードです。

出版社からの委託販売

自費出版を取り扱う出版社はたくさんあります。
無名の書店から誰もが知る出版社まで、多くの会社が自費出版を取り扱っています。

有名出版社だと、装丁デザイン・校正などサポートが厚い一方、費用は高くつきます。
かといって、費用が安く済む出版社に依頼すれば、装丁デザインや校正は素人同然のものになるでしょう。
バランスを考えて出版社を選びたいですね。

また、本棚に並べるかは、書店の判断に任されています。店頭に並べるつもりで自費出版しても、ほとんど棚に置かれないこともあり得ます。
さらに、書店に並べる場合、返品されるケースが非常に多いため、注意が必要です。
九割が返品されることも珍しくないようです。
利益を出せるという予測は現実的ではないでしょう。


この記事をシェアする